銭湯の担い手養成講座

実施レポート

これまでの講座について

第1回「銭湯の担い手養成講座」の詳細なレポートはWEB1010の記事でご覧になれます。

2022年6月〜7月
「第2回 銭湯の担い手養成講座」ステージ1と2が開催されました
6~7月にかけて3回実施された「ステージ1」には計24名(1回8名)の定員に対して約90名の申し込みがあり、銭湯の仕事への関心の高さがうかがわれました。

2022年4月9日
「銭湯の担い手養成講座 ステージ3」調布梅の湯、立川松見湯で開催
計4名が参加。2軒の銭湯をめぐり、最も普及している「平釜」タイプと最新式の「瞬間湯沸かし器」、2種類の湯沸かしシステムについて学びました。

2021年12月20日
「銭湯の担い手養成講座 ステージ2」立川湯屋敷 梅の湯で開催
計4名が参加。昼12時から翌日の昼12時までの24時間(休憩を含む)に、脱衣場や浴室の掃除、フロントでの接客などを体験しました。

2021年8月20日
「銭湯の担い手養成講座 ステージ1」府中湯楽館 桜湯で開催
計18名(各6名x3回)の定員に対して約160名の申し込みがあり、銭湯の仕事への期待の高さをうかがわせました。

ギャラリー※下記写真をクリックすると拡大画像が表示されます