東京都内の380軒の銭湯では1月末から2月末にかけて、鹿児島県阿久根市の特産ボンタンを使用した「ボンタン湯」を実施します。なお、ボンタン湯の開催は地域や店ごとに異なりますので、実施日の詳細は「全国あくねボンタン湯2020」開催情報や、各銭湯HP、SNS等でご確認ください。また、実施日が決定している地域は「薬湯のお知らせ」にも掲載しています。

千代田区

65歳以上の区民の方は、区内5軒および区が指定する区外6軒の公衆浴場で「敬老入浴券」を呈示すると、年間最大44回無料で利用できます(要申請)。

中央区

65歳以上の区民の方は、郵送された引換券を区内の銭湯等で「敬老入浴証」に交換すると、区内の全銭湯および他区の協力浴場を1回100円で利用できます。

毎月第2・4金曜日は「コミュニティふれあい銭湯」を実施。区内在住・在勤の方は入浴料が100円、敬老入浴証をお持ちの方と小学生以下のお子さんは無料で入浴できます。

中央区浴場組合公式ホームページ http://www.268chuou.com/

台東区

65歳以上で一人暮らし、または世帯全体が65歳以上の区民の方は、「高齢者ふれあい入浴券」を区内の公衆浴場で呈示すると、7月1日~翌年3月31日まで、1回50円で最大20回利用できます(要申請)。

台東区浴場組合公式ホームページ http://taito1010.com/

文京区

2月2日(日)は、「ボンタン湯」を実施。先着300名に「ボンタンアメ」を進呈します。

2月15日(土)・16日(日)は「銭湯バレンタイン」として、甘い香りの入浴剤を使った「チョコレート湯」を実施します。
15日(土)は先着300名にプチハートチョコを進呈します。

3月の毎週土曜(7日・14日・21日・28日)と20日(金祝)に、「タオル祭り」を実施します。各開催日に区内のいずれか1軒の銭湯で、先着300名(小学生以上)にオリジナルタオルを進呈します。詳細は決まり次第ホームページホームページでお知らせします。

毎月26日「おふろの日」は、中学生以下は無料です。

65歳以上の区民の方が「シニア入浴カード」を区内の公衆浴場に持参すると、1回100円で年間52回(月4回程度)利用できます(要申請)。

毎月第2・4日曜日(16~23時)は「湯遊入浴デー」。区民の方は区内の公衆浴場に大人100円、小学生以下は無料で入浴できます。当日は住所が確認できるものをご持参ください。

文京浴場組合公式ホームページ http://www.sentou-bunkyo.com/

港区

2月9日(日)~12日まで、下記の日程で「ボンタン湯」を実施します。当日は先着30名にボンタンアメを進呈します。

2月9日(日) ふれあいの湯
2月10日(月) 南青山 清水湯
2月11日(火祝) 麻布黒美水温泉 竹の湯
2月12日(水) アクアガーデン 三越湯

3月1日(日)~8日(日)まで、今年で4回目となる「港区×宗谷地域 豊富(とよとみ)温泉体験、利尻昆布風呂の体験WEEK」を開催します。優れた泉質で知られる北海道豊富町の温泉を濃縮した製品をお湯で希釈した「豊富温泉体験」と、高級食材の宗谷地域特産・利尻昆布をぜいたくに浮かべた「利尻昆布風呂」が楽しめます。各銭湯の実施日はこちらをご覧ください。

70歳以上の区民の方は、区内の公衆浴場(一部近隣区)を年間52回利用できる無料入浴券の給付が受けられます(要申請)。

港区浴場組合公式ホームページ https://minatobranch.com/

荒川区

1月26日(日)~2月29日(土)まで、「みんなで作ろう、気持ち良い銭湯!」をテーマに「荒川銭湯シールラリー」を実施します。対象は中学生以上で、専用のシール台紙(銭湯マナーカード)に、1回入浴ごとにマナーシール1セット(2枚)進呈。異なる4軒をまわって計8種類のシールを集め、マナーカードの絵を完成させると、4軒目の銭湯で特製『お守り風ストラップ』がもらえます。

1月27日(月)~2月11日(火祝)まで、銭湯ハンコ作家・廣瀬十四三(ひろせ・としぞー)さんが制作した荒川区の銭湯22軒の作品や制作秘話を展示する、あらかわ銭湯展「としぞーハンコの世界」を、「ゆいの森あらかわ」1階エントランスホールで開催します。

2月11日(火祝)は、「いよかん湯」を実施します。

荒川区内の銭湯は、中学生は300円、小人(未就学児)は大人1名につき2名まで無料で入浴できます。

区内在住・在宅の満70歳以上の方に交付される高齢者入浴カード「ふろわり200」を持参すると、区内の公衆浴場を1回200円で、年度内に最大52回利用できます(要申請)。

区内在住の65歳以上で、一人で入浴するのに不安がある要支援2までの方のために、区内5軒の銭湯(草津湯・野崎浴場・タイムリゾート・梅の湯・日暮里 斉藤湯)に週2回、見守り支援員を派遣します。入浴前には、介護予防等に関する講話や情報提供を行います。利用希望者は事前に「利用証」の申請手続きが必要です。詳しくはこちら

荒川浴場組合公式ホームページ http://arakawa-sento.jp/

墨田区

2月1日(土)・2日(日)のどちらかで「ボンタン湯」を実施します。

毎週木・金曜日は「高齢者にこにこ入浴デー」。65歳以上の区民の方は、「にこにこ入浴証」を区内の公衆浴場で呈示すると、木・金曜のどちらか1回、無料で入浴できます(要申請)。

こどもの日の「しょうぶ湯」(5月5日)、敬老の日(9月第3月曜)、冬至の「ゆず湯」は、「にこにこ入浴証」を持参の方と、同伴のご家族の方は半額で入浴できます(大人230円、小学生90円、未就学児40円)。

区内の全浴場に、リンスインシャンプーとボディーソープを常備しています。

江東区

2月16日(日)は、「ボンタン湯」を実施します。

未就学児の無料入浴を実施しています。大人1人につき就学前のお子さんは2人まで、区内の銭湯の入浴料が無料になります。

毎月5日は「ちびっ子入浴デー」。保護者と一緒に区内の銭湯をご利用の小学生以下のお子さんは、当日無料で入浴できます。

70歳以上の区民を対象に「ふれあい入浴」を実施しています。区から送付された入浴証引換券(はがき)を、区内の公衆浴場で「江東区ふれあい入浴証」と交換し、利用時に呈示すると1回200円で入浴できます。

区内の一部の浴場に、ボディーソープ&シャンプーを備え付けています。

江東区浴場組合公式ホームページ http://koto-1010-sento.jp/

足立区

中学・高校生は通年学割により、区内の銭湯を1回300円で利用できます。

毎月第1・3土曜は「家族ふれあいの日」。小中学生を同伴の親子を対象に入浴料の割引を実施しています。大人370円、小学生100円、乳幼児は無料です。

4月1日現在、区内在住の70歳以上の方に、「ゆ~ゆ~湯」入浴証が送付されます。この入浴証に利用可能日(指定の週の月~土曜のいずれか1日、月3回、年間36回)のシールが貼ってあるので、当日区内の銭湯に持参すると通常入浴料金から350円引き(120円)で入浴できます。

区内の子育て世帯に配布される「あだち子育てパスポート」を呈示すると、同一世帯の家族の入浴料が通常料金から大人(中高生を除く)20円引き、小学生以下は10円引きになります。ただし、他の割引との併用や、保護者だけの利用はできません。

足立区浴場組合公式ホームページ http://www.adachi1010.jp/

葛飾区

2月16日(日)は、「ボンタン湯」を実施します。

名曲演歌をアカペラで歌うグループ「エンカペラG」のコンサートを、2月16日(日)に草津湯(小菅1-17-3)で開催します。13時開場、14時開演。入場無料です。

毎月第1・第2日曜日に、区内の銭湯で1994年リレハンメルオリンピックのスピードスケート銅メダリストで、葛飾区銭湯PR大使の山中(旧姓 山本)宏美さんのヨガレッスンを開催中。
第1日曜:さつき湯(東堀切3-27-9)13時~14時
第2日曜:富士の湯(亀有2-5-7) 13時~14時
初心者歓迎、年齢不問、参加費は無料です。詳しくはこちら

葛飾区の銭湯ポイントカードは、大人料金で入浴1回につき1ポイント。30ポイント集めると1回無料で入浴できます。毎月第1日曜日はポイントサービスデーで、1回の入浴につき2ポイントを進呈します。

毎週日曜日は「銭湯家族の日」。親子で区内の銭湯を利用の場合、小学生以下のお子さんは入浴料が無料になります。また、区内のほぼ全ての銭湯で各種ハーブ湯を実施しています。なお、定休日等のため実施日が異なる場合もあるので、詳しくは各銭湯へご確認ください。

65歳以上の高齢者のための体操やレクリエーション、振り込め詐欺防止等の啓蒙講座の後に無料で入浴できる「ふれあい銭湯事業」を、毎月1回、区内8軒の銭湯で実施しています。開催日等の詳細は、ご利用の銭湯にご確認ください。

70歳以上の区民の方は、「くつろぎ入浴証」を区内の銭湯で呈示すると、有効期限内(2020年3月まで)はいつでも1回230円で入浴できます(要申請)。

葛飾区との災害時給水協定により、区内の全銭湯に備蓄用カロリーメイト300個を常備しています。

葛飾区浴場組合公式ホームページ https://katsushika1010.com/

江戸川区

2月23日(日祝)は、「文旦湯」を実施します。当日は先着順にドリンクを進呈。諸事情により実施日が異なる場合もあるので、事前に下記のホームページ等でご確認ください。

2ヵ月に一度の「東京ニューヨーク寄席」を、3月10日(火)に中の湯(平井6-42-11)で開催します。出演は講談師の田辺鶴遊さん。13時開場、13時半開演。参加費ならびに観覧後の入浴は無料です。

3月29日(日)は、「グレープフルーツ湯」を実施します。諸事情により実施日が異なる場合もあるので、事前に下記のホームページ等でご確認ください。

区内の銭湯を利用の際、大人1人につき就学前の乳幼児は2人まで無料で入浴できます。

中学生は区内の銭湯を1回300円で利用できます。

区内在住65歳以上の方に送られる「入浴証引換券」を区内の銭湯で「健康長寿入浴証」に交換し、来店時に呈示すると、いつでも1回230円で入浴できます。

江戸川区浴場組合公式ホームページ http://www.oyunofuji1010.com/

新宿区

2月6日(木)は、「ボンタン湯」を実施します。

3月15日(日)は、「ラベンダー湯」を実施します。

11月26日(火)~2020年2月16日(日)まで、東京オリンピック・パラリンピックに先駆けて、聖火に見立てた提灯を持って新宿区内の銭湯をリレーでつなぐウォーキングイベント「ゆげじい提灯行列」を開催します。区内の名所を楽しみながら銭湯をつなぐA~Hの8区間が設定されており、各定員は15名。2月16日(日)は、最終ゴールの新宿スポーツセンター小体育館でゴール記念イベントを開催します(定員120名)。提灯行列・ゴール記念イベント共に、参加賞として新宿区内の銭湯で使える特別入浴券が1枚もらえます。参加申込は区内の銭湯および「ゆげじい」の公式FacebookTwitterのダイレクトメッセージ、E-mail:yugejii1010@gmail.comでも受け付けます。詳細は各銭湯で配布のチラシをご確認ください。

区内在住の60歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方、児童育成手当を受給している方に交付される「ふれあい入浴証」を区内の銭湯で呈示すると、月4回無料で入浴できます(要申請)。

新宿区浴場組合公式ホームページ http://1010yuge-g.jp/

渋谷区

毎月第2・4日曜は「親子ふれあい入浴デー」。区内在住の中学生以下のお子さんと保護者の方は、区内の公衆浴場で当日16~19時に無料で入浴できます。当日は住所が確認できるもの(中学生は学生証)をご持参ください。

毎月第1・3日曜(1月は第3日曜のみ)は「高齢者入浴デー」。区内在住の60歳以上の方は、「高齢者入浴デー利用者証」(要申請)を区内の公衆浴場に呈示すると、当日13~16時は無料で入浴できます。

区内の公衆浴場で、介護予防に役立つ健康相談や健康体操、趣味の講座等と入浴がセットになった「遊湯(ゆうゆう)ひろば」を実施しています。高齢者入浴デー利用者証や介護保険被保険者証をお持ちの方は無料、その他の方も1回200円で利用できます。

渋谷区ホームページhttps://www.city.shibuya.tokyo.jp/bunka/spot/shisetsu/public_bath.html

中野区

2月23日(日祝)は、10種類の天然生薬配合の「健美泉の湯」を実施します。

区内在住の65歳以上の方を対象に、毎月第2週と第4週に区内及び隣接区の銭湯21軒で、「いきいき入浴」の「定期開放入浴デー」を実施しています。予め利用登録をした銭湯(1ヵ所)で発行の「登録証」を呈示すると、1回100円で入浴できます。

また、「いきいき入浴」に登録されている方を対象に、定期開放入浴デーに脱衣場等で1時間ほど、軽体操や高齢者エアロビック、水彩画教室等の「はつらつ事業」を実施する浴場もあります。詳細は各浴場にお問い合わせください。

杉並区

2月9日(日)は、天然素材100%の「ラベンダー湯」を実施します。当日は、小学生以下のお子さんにジュースを進呈します(数量限定)。

2月11日(火祝)は、「ボンタン湯」を実施します。

3月8日(日)は、100%生茶葉使用の「緑茶の湯」を実施します。当日は、小学生以下のお子さんにジュースを進呈します(数量限定)。

2019年7月20日(土)~2020年3月8日(日)の週末を中心に、区内の銭湯のいずれか1軒で、群馬県吾妻峡温泉から直送した天然温泉を楽しめる「杉並せんとう ぬっくい温泉と3種のハーブ湯」を開催します。「温泉の日」当日ご来店の方には、その銭湯の屋号入りのオリジナルタオルをプレゼントします。また、アンケートにご協力いただいた方にはジュースを進呈します。詳しくは各店に掲示のポスターやチラシをご覧ください。

区内在住の65歳以上の方とその付添いの方が、毎週水曜(一部火曜)に区内の銭湯を100円で利用できる「ふれあい入浴」を実施中。初回利用時に保険証など本人確認ができるものを浴場に持参して「ふれあい入浴カード」を発行してもらい、その後は利用の都度呈示してください。実施日が12月31日~1月3日に該当する場合は変更になることがあるので、詳しくは各銭湯にご確認ください。

杉並浴場組合公式ホームページ http://sentou.jp/

品川区

2019年12月1日(日)~2020年2月29日(土)まで、大田区・品川区の浴場組合に加盟する61軒の銭湯で、「大田品川銭湯御朱印スタンプラリー」を開催します。61軒全てを巡って縦型の御朱印スタンプを集める「御朱印コース」では、「オリジナルバスタオル」「御朱印ブックカバー」を先着100名に進呈。気軽に参加できる「スタンプコース」では、2軒以上のスタンプを10個集めると、国産杉間伐材から作られた「オリジナルチャーム」を先着4000名に、スタンプ40個でオリジナル風呂桶(大田版・品川版の2種類)を先着2000名に進呈。詳細は各銭湯で配布しているスタンプラリーシートをご覧ください。

2月23日(日祝)は、「ボンタン湯」を実施します。
※開催日が前後する場合もあるので、詳細は各浴場までお問い合わせください。

区内在住の65歳以上の方を対象に、毎週木曜日に区内の銭湯で「しながわ出会いの湯」を実施しています。「出会いの湯」ののぼりが出ている銭湯に「出会いの湯登録カード」(当日発行も可)を呈示すると、カラオケや体操などのプログラムに参加した後、無料で入浴できます。

品川区浴場組合公式ホームページ http://www.shinagawa1010.jp/

大田区

2019年12月1日(日)~2020年2月29日(土)まで、大田区・品川区の浴場組合に加盟する61軒の銭湯で、「大田品川銭湯御朱印スタンプラリー」を開催します。61軒全てを巡って縦型の御朱印スタンプを集める「御朱印コース」では、「オリジナルバスタオル」「御朱印ブックカバー」を先着100名に進呈。気軽に参加できる「スタンプコース」では、2軒以上のスタンプを10個集めると、国産杉間伐材から作られた「オリジナルチャーム」を先着4000名に、スタンプ40個でオリジナル風呂桶(大田版・品川版の2種類)を先着2000名に進呈。詳細は各銭湯で配布しているスタンプラリーシートをご覧ください。

1月27日(月)~3月22日(日)まで、人気漫画「孤独のグルメ」の原作者・久住昌之さんと京急電鉄がコラボした「孤独のグルメ×京急 ぐるっとQusumiビンゴスタンプラリー」を実施します。大田区・川崎市内の銭湯(71 軒)及び京急の駅や羽田空港などの沿線スポットをまわって専用のビンゴカードにスタンプを集め、たて・よこ・ななめのいずれか1ライン(スタンプ3個)達成で、先着3000名にオリジナルてぬぐいを進呈。さらに達成ラインの数に応じて、キャンペーンオリジナルグッズなどの賞品が抽選で当たります。

毎月第1日曜日は「子ども入浴デー」。区内在住の小学生以下のお子さんは無料で入浴できます。当日はフロント、または番台へ申し出てください。

70歳以上の区民の方は、「いきいき高齢者入浴証」を区内の公衆浴場で呈示すると、1回200円で年間36回(2ヵ月で6回まで)利用できます(要申請)。

大田浴場組合公式ホームページ http://www.ota1010.com/

世田谷区

2月9日(日)は、「ボンタン湯」を実施します。当日ご来店の方に、当日は各銭湯で先着200名にボンタンアメ(4個入り)を進呈します。※開催日が異なる銭湯もあるので、事前にお問い合わせください。

世田谷区在住の満65歳以上の方に、区内の公衆浴場を無料で利用できる入浴券を年間12枚まで支給しています。一人ぐらしや高齢者のみの世帯には支給枚数が追加される場合もあるので、詳細は世田谷区のホームページをご参照ください。

世田谷区浴場組合公式ホームページ https://www.setagaya1010.tokyo/

目黒区

毎月第2日曜は「親子ふれあい入浴デー」。区内在住の小学生以下のお子さんと保護者の方は、親子2人1組で区内の公衆浴場に無料で入浴できます(証明書不要)。

小学生以下のお子さんは、こどもの日(しょうぶ湯)・冬至の日(ゆず湯)も無料で入浴できます。

60歳以上の区民の方は、区内の公衆浴場で「めぐろリフレッシュ湯」の会員登録をすると、月4回まで1回220円で入浴できます。

目黒区浴場組合公式ホームページ http://1010meguro.tokyo/

豊島区

1月20日(月)~2月29日(土)まで、「豊島区浴場組合スタンプラリー2020」を実施します。専用のスタンプシートに区内18軒の銭湯のうち2軒以上で合計8回入浴してスタンプを8個集めると、先着1000名に豊島区浴場組合のオリジナルキャラクターデザインの500円玉貯金箱「コロコロコイン」を進呈します。

2月16日(日)は、「ボンタン湯」を実施します。

65歳以上の区民の方は、「としま・おたっしゃカード」を呈示すると、区内の公衆浴場に年間30回まで100 円で入浴できます(要申請)。

65歳以上の区民の方を対象に、区内の銭湯で1時間程度の健康体操を行った後に100円で入浴できる「浴場ミニデイサービス(湯友サロン)」を実施しています。詳細は各浴場にお問い合わせください。

豊島区浴場組合公式ホームページ http://www.toshima1010.com/

北区

2月2日(日)の「親子ふれあい入浴デー」に、「ボンタン湯」を実施します。当日は大人の方の同伴に限り、小学生以下のお子さんは2人まで無料体験入浴ができます。また、来店記念にボンタンアメ(4個入り)を数量限定で進呈します。
※配布対象や配布数、配布方法は各銭湯で異なります。諸事情により日程の変更や、実施しない場合もあるので、事前に各銭湯にお問い合わせください。

3月1日(日)の「親子ふれあい入浴デー」に、「ラベンダー湯」を実施します。当日は大人の方の同伴に限り、小学生以下のお子さんは2人まで無料体験入浴ができます。
※配布対象や配布数、配布方法は各銭湯で異なります。諸事情により日程の変更や、実施しない場合もあるので、事前に各銭湯にお問い合わせください。

区内在住の70歳以上の方に、区内の公衆浴場を1回100円、隣接する荒川区内の指定浴場(2軒)を1回150円で利用できる「高齢者ヘルシー入浴補助券」を年間24枚交付しています(要申請)。

板橋区

2月16日(日)は、高知県産の土佐文旦を使った「文旦(ぶんたん)湯」を実施します。

区内在住の70歳以上の方に、区内の公衆浴場および隣接する北区の公衆浴場(露天風呂ゆの花)を1回100円で年間25回まで利用できる「敬老入浴券」を交付しています(要申請)。

板橋区浴場組合公式ホームページ http://1010itabashi.or.jp/

練馬区

2月16日(日)は、「ちんぴの湯」を実施します。みかんの皮を乾燥させたちんぴ(陳皮)は、リラックス効果や血行促進効果があると言われています。当日は、親子で区内の銭湯をご利用の場合、就学前のお子さんは2名まで入浴料が無料になります。

区内に一人でお住まいの65歳以上の方に交付される、「ひとりぐらし高齢者入浴証(シール)」を区内の公衆浴場に持参すると、1回100円で年間最大52回入浴できます(要申請)。

練馬区浴場組合公式ホームページ http://www.1010nerima.com/

武蔵野市・三鷹市

武蔵野・三鷹市内の銭湯を親子で利用の場合、6歳以下のお子さんは2人まで無料で入浴できます。

毎週日曜日は「風呂の日」として、武蔵野市内の銭湯で小学生以下のお子さんの入浴料金が無料になります。

武蔵野市内在住の60歳以上の方は、市内の銭湯で行われる「不老体操」に参加した後に、無料で入浴できます。銭湯ごとに実施日が異なるので、ホームページでご確認ください。

武蔵野三鷹浴場組合公式ホームページ http://sentou.life.coocan.jp/yu/

八王子市・稲城市・町田市

毎月第1日曜日に、イベント風呂を実施しています。
2月2日(日)は、「ボンタン湯」を実施します。
※諸事情により日程等が変更になる場合があるので、事前に各銭湯にお問い合わせください。

八南支部公式ホームページ http://www.hachinan.com/