仕様書

1 件 名
銭湯公式アプリケーションの構築等委託

2 契約期間
  契約確定日の翌日から平成30年2月末日まで

3 目 的
自家風呂の普及による利用者の減少、後継者不足等により年間30軒程度廃業している公衆浴場を活性化するため、新規利用者等を増やすことを目的としてウェブサイト「東京銭湯」と連動させた銭湯公式アプリケーションの構築等を実施する。

4 委託業務の内容
銭湯公式アプリケーションの主な機能は次のとおりとする。
①スタンプラリー(スタンプカード機能)
・スタンプカード数は計27枚発行
1枚は、都内全体共通のスタンプカード、26枚は、各地域ごとのスタンプカード(東京を26の地域に分割)
・スタンプのアイコンをタップし、スタンプラリー一覧が表示、参加するスタンプラリーをタップすることで該当のスタンプページが表示される。
・QRコードを読み取り、スタンプを付与する際、都内全体共通スタンプと地域のスタンプに1度に2枚にスタンプが付与される。
・スタンプマークの設定数1~600個までそれぞれのスタンプカードで可変可能。
・全部コンプリートする間に指定個数毎に途中のチケット発行ができる。
・各スタンプカード毎に同一店舗の付与を許可する・しないの選択機能を設ける。
・各スタンプカードごとに期間設定、リセットができる。
・スタンプマークは各浴場ごとに設定ができ、管理画面から都度マーク変更ができる。
・スタンプラリーで銭湯お遍路を実施。
②会員特典(クーポン機能)
③各浴場情報(店舗情報機能)
東京都全域の浴場イベントに加えて、各浴場のイベントを掲載できる。
店舗ごとに「基本情報」「クーポン」「フォトギャラリー」「カレンダー」を掲載する。
ユーザーがお気に入り登録をすることで、該当浴場からのプッシュ通知を受け取ることができ、「カレンダー」にもお気に入り浴場のイベント情報が掲載される。
④銭湯カレンダー(イベントカレンダー機能)
⑤フォト機能
複数の写真を紹介文付きで紹介することができる。
⑥プッシュ通知
フッシュ通知の受け取りを許可しているユーザーを対象として、全員もしくは地域、年齢等の条件を絞り込んで、ユーザーを特定してスマホへ情報配信する。
⑦ムービー機能
紹介用の複数のムービーを掲載することができる。
⑧プロフィール設定(設定機能)
「ニックネーム(任意)」「年齢(必須)」「性別(必須)」「お住まいの地域(必須)」「情報を受け取りたい地域(必須)」の項目を設け、ユーザー情報を取得する。
⑨その他(WABビュー機能)
⑩管理画面の運営
 本部管理画面…1アカウント(全ての更新作業ができ、全員・支部ごとのプュッシュ通知の操作可能)
個別管理画面…600アカウント(店舗数分あり、各店舗が自店の内容変更と自店のお客様だけにプュッシュ通知の操作可能)
⑪アプリ説明会の開催
  組合員を対象に、本アプリの使用法や操作方法の説明会を開催し、組合員に有効な利用のための説明会を行う。

5 納入期限
  平成29年12月末日
  ただし、アプリケーションの公開については、平成30年11月末日

6 支払方法
  本業務が完了し、適正な検査終了後に、受託者の請求に基づき一括で支払うものとする。
 

7 その他
受託者は、本業務の実施に際し、本仕様書に定める事項等に疑義を生じた場合、速やかに東京都公衆浴場業生活衛生同業組合と協議するものとする。

担当 東京都公衆浴場業生活衛生同業組合
〒101-0031 東京都千代田区東神田1-10-2


1.応募調書の提出
平成29年9月19日 午後5時

2.応募方法について
応募される場合は、別紙仕様書に基づき、企画提案書を作成し、事業を実施するために必要な金額の見積もりなどと一緒に、公募公告に記載した提出期限内に提出して頂きます。郵送の場合であっても提出期限内に必着となりますのでご注意ください。

3.提出書類について
参加申込書
②会社概要
③企画提案書
④見積書提出
⑤アプリ制作実績

4.応募等に関する質問
業務に関する質問については、電子メールにて、9月15日(月曜日)17時までに下記問い合わせ先にお送りください。なお、メールの件名は「銭湯公式アプリケーション質問書」としてください。

メールアドレス open(アットマーク)1010.or.jp

※電話・来組による質問にはお答えできません

5.審査について
応募者から提出された企画提案書・見積書の内容については、当組合で審査委員会を設け審査を行い、採点をいたします。また、審査の一部としてプレゼンテーションの実施を条件とする場合もあります。


参加申込書のダウンロードはこちら