2016/10/29

トピック

1_5257


『湯を沸かすほどの熱い愛』の公開初日舞台挨拶が本日10月29日、新宿バルト9で行われ、宮沢りえ、杉咲花、オダギリジョー、松坂桃李、伊東蒼、中野量太監督が出席した。

本作は、休業状態の銭湯を舞台に“死にゆく母と残される家族の愛と絆”を描いた物語。余命2ヵ月を宣告された母・双葉が「絶対にやっておくべきこと」を決め実行していくことで、家族の秘密が取り払われより強い絆で結ばれていく。母の大きな愛で結ばれた家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する――。

2_5170-2

人間味あふれる銭湯の女将・幸野双葉役を演じた宮沢は「監督のオリジナル脚本にほれ込んだスタッフたちが求める演技への期待が高くて、撮影中は“毎日頑張ろう”と思う日々でした。出演者、スタッフたちと奇跡のような時間を重ねて出来上がった作品です。たくさんの方に見ていただければ」と語った。

 

3_5189

娘・安澄役の杉咲は「撮影時の現場は、本当に素敵な空間でした。スタッフ全員がこの脚本を愛して、一つの方向に向かっている感じで……。撮影をしているときは演技をしている感覚がなくて、自分のことのように思っていました。素晴らしい脚本が映像化され、この映画に関わることができて幸せです」と撮影時を振り返った。

 

4_5206-2

出奔した父親・一浩役を演じたオダギリは「脚本がよかったし、現場で宮沢さんをはじめ出演者の素晴らしい芝居を見ていたので、この作品はいいに決まっていると思って試写を見るのが遅くなりました。試写を見てやっぱりよかったので、見なくてもよかったかな」と笑いを誘った。

 

5_5211-2

投げやりに旅を続けるヒッチハイカー・向井拓海役を演じた松坂は「素晴らしい脚本が映像化され、文字だけでは伝わらないことが表現されました。心の底からおすすめしたい作品です」とPRした。

 

6_5221-2

ひょんなことから幸野家にやってくるもう一人の娘・片瀬鮎子役を演じた伊東は「試写を見たときは内容も展開も知っているのに涙が出てしまいました。作品を見た人が、私達を本当の家族みたいと思ってもらえたらうれしいです」と話した。

 

7_5232-2

これまで数多くの自主制作映画を手がけ、本作が商業映画デビューとなる中野量太監督は「映画監督を目指して上京し、今日のように舞台に立ち観客席を見るのに19年7ヶ月かかりました。その長い日々があったからこそ、この映画ができたと思います。撮影中は出演者の方々が自分の想像を超えた演技を次々と披露してくれました。映画は皆さんに見てもらうことによって完成します。たくさんの人に見てもらいたい」と胸を張った。本作は香港、韓国、台湾での公開も予定されており、日本のみならず海外でも注目を集めている。

「湯を沸かすほどの熱い愛」は、新宿バルト9ほか全国にて公開中。

 

%e6%b9%af%e3%82%92%e6%b2%b8%e3%81%8b%e3%81%99%e3%81%bb%e3%81%a8%e3%82%99%e3%81%ae%e7%86%b1%e3%81%84%e6%84%9bmain_s

余命2ヵ月を懸命に生きる銭湯の女将・双葉を演じる宮沢りえ(©2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会)

映画「湯を沸かすほどの熱い愛」●出演:宮沢りえ、杉咲花、篠原ゆき子、駿河太郎、伊藤蒼/松阪桃李/オダギリジョー ●脚本・監督:中野量太 ●主題歌:きのこ帝国「愛のゆくえ」 ●配給:クロックワークス

中野量太監督へのインタビュー記事はこちら