th_写真1_DSC_0048


前編はこちらからどうぞ

th_写真2_DSC_0079

夜はライトアップされるクジラの壁画。公募で選ばれたemi tanajiさんによるもの

 

■サウナーよ、集え! こだわりのサウナと水風呂

そしてここ、改良湯にはリニューアル以前からサウナ好き(=サウナー)が多く訪れている。数年前よりじわじわ始まったサウナブームのおかげもあり、サウナ目当てのお客さんに経営面でもかなり支えられていたんだとか。

そんな背景もあって、リニューアルでもサウナと水風呂にはかなりのこだわりが。

お客さんの意見を取り入れつつ、まずサウナの温度は男湯側100℃、女湯側92℃に設定。
遠赤外線のドライサウナだ。女性は「温度が高いと乾燥が気になる」という声もあるため、やや低めに。(週3以上サウナに通う筆者としては、女性でも100℃大歓迎!)

th_写真3_DSC_0029

男女ともに7〜8人は入れそうな広さ

th_写真4_DSC_0030

小窓もあり、開放感がある

さらにはサウナの2段目の奥行きが深くなっていて、通常よりもゆったりと足を伸ばせる仕組みになっているのだ。ちなみにサウナ室内には洒落た洋楽が流れていて、なんだか素敵な気分にひたれる(写真は男湯側サウナ)。

湿度は低めでも、炭酸泉や中温風呂で体をしっかりあたためてからサウナへ向かえば、きちんと汗をかける環境だ。

そして極めつけは水風呂。

th_写真5_DSC_0048

男性浴室の水風呂。こんなに洒落た水風呂、初めて見ました

水温はオープン時にはなんと10℃の設定になっており、人が入ったり時間がたつにつれて少し温度があがることで、14℃~15℃くらいの温度を保っているとのこと。

筆者が入った日も、ばっちり14度という最高にクールな水風呂。

都内の銭湯やスーパー銭湯の水風呂では18℃~20℃くらいの、サウナーとしては物足りない温度が多い。

だからこそ、この温度の水風呂にさくっと渋谷で入れる、というのは大変貴重かつありがたいことである。外気浴ができる露天スペースはないものの、浴室内が比較的広いので、椅子に座って小休憩をはさむことはもちろん可能だ。

 

■銭湯ではめずらしい? じっくり検討できるメニュー表を導入

番台やフロント周りに、小さなシャンプーやリンス、石けんなどが所狭しと並べられている。いい意味でごちゃっとした雰囲気。銭湯の番台やフロントというとそんな風景が思い浮かぶが、改良湯のフロントは驚くほどすっきりとしている。

その秘密はこちら。

th_写真6_DSC_0057

入り口すぐの券売機横と、ロビー中央にアイテムリストが

「ごちゃごちゃと並べたくなかった」という店主ご夫婦の想いを形にした、まるでメニュー表のようなアイテムリスト。ふらっと銭湯へ来た方向けに、フロントで販売している種類豊富なバスグッズが一覧で確認できるようになっている。

こうした表を作ることで、お客さんにとっても、じっくり見て選ぶことができる、というメリットも。お客さんを思うがゆえに、生まれた仕組みなのである。

th_写真7_DSC_0003

湯上がりに休憩できるスペースもあり

■多くの人や文化が交差する、憩の場所へ

th_写真8_DSC_0024

住宅街を進むと、突如現れるクジラのアート

「人と文化、今と昔が交差する場所にしたい」というご夫婦の思いもあり、改良湯ではリニューアルオープン以来、すでに多くのイベントを開催。ワイヤレスヘッドフォンを使用した、「ダンス亜風呂屋」によるDJパーティや、バイオリンの演奏会、脱衣場でのトークイベント……など、多岐にわたるイベントが行われている。

男湯と女湯の脱衣場の仕切りは取り外せる仕組みとなっていて、なんと50人も収容できるイベントスペースに。イベント終了後は、また仕切りを戻して参加者が通常通り入浴することも可能、というからなんともありがたい。

「渋谷 CROSSING」

そのテーマにふさわしく、今後さらに多くの人が訪れることになるであろう渋谷・恵比寿の新たなシンボル的銭湯。リニューアルで外観も内装もすべて変わったけれど、変わらないことが一つある。

それが「誰でもウェルカム」という姿勢。
「カッコつけた見かけだけれど、銭湯なので接客はフレンドリーに、誰に対してもあたたかな対応を心がけている」という伸晃さん。

th_写真9_DSC_0060

まるで高級料亭のようなのれん

その言葉通り、改良湯の洒落たのれんをくぐると、いつもフロントの方のやさしい笑顔が迎えてくれる。

多くの人が集まる場所である渋谷。そんな土地だからこそ、おばあちゃんも、おじいちゃんも、おじさんもおばさんも、若い人たちも、国籍問わず、年齢問わず、いろんな人が集う、交差点に。

渋谷駅や恵比寿駅で予定がある日には、ちょっと早く到着して、ここ、改良湯でひとっ風呂あびて、綺麗になって待ち合わせに向かいませんか。

(写真・文:銭湯ライター 林田紗央莉


【DATA】
改良湯(渋谷区|渋谷駅・恵比寿駅)
●銭湯お遍路番号:渋谷区 14番
●住所:渋谷区東2-19-9
●TEL:03-3400-5782
●営業時間:月~金曜15~24時半、日曜・祝日13~23時(最終入場は閉店30分前まで)
●定休日:土曜
●交通:山手線「渋谷」駅下車、徒歩12分 /山手線「恵比寿」駅下車、徒歩12分
●ホームページ:https://kairyou-yu.com
●Twitter:https://twitter.com/kairyouyu1916
銭湯マップはこちら

※記事の内容は掲載時の情報です。最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

th_写真10_DSC_0064

渋谷駅からも恵比寿駅からも徒歩12分ほど