1_7733_th


 阿佐ヶ谷の住宅街にある平和湯を訪ねた。都内の銭湯では高い煙突がだいぶ少なくなってしまったが、こちらではまだ健在で遠くからでもよく目立つ。店の玄関は路地の奥に隠れるような佇まいだが、路地の入り口には目立つ電飾看板があるので初めて訪れる人でもわかりやすい。

2_7756_th
3_7741_th

 平和湯は、ご主人の西村芳弘さんのご両親が1956(昭和31)年に開業し、1966(昭和41)年に現在の建物に建て替えた。その後も1980(昭和55)年に改装を行い、現在に至る。

 さて、実は西村さんが銭湯を経営するようになったのは、昨年(2016)秋のこと。その年の夏、お店を切り盛りしていたお母様が亡くなったのをきっかけに、会社勤めをやめ、店を継いだ。一時は廃業も考えたそうだが、「風呂屋に生まれたのも運命」と店を継続することに。「風呂に入る前後で、お客さんの顔がすごく変わるんですよ。出る時はみんな幸せそうな顔になっている。銭湯を続けてよかったなと思う瞬間ですね」と西村さん。

 午後3時。シャッターの前に連なる常連さんたちと一緒に店に入ると、銭湯らしからぬ(!?)華やかな雰囲気の女性がフロントで出迎えてくれた。お名前は阿部カナさん。2017年1月からフロントで働きはじめたばかりで、本業はなんとフォークシンガー。毎月、都内をはじめ各地でライブ活動を行う一方で、開店から夕方までのフロント業務を手伝っているとのこと。フロントではアルバムやTシャツの販売も行っている。昭和レトロなフロントに、まるで花が咲いたようだ。また、3月からは「土偶作家」の月山夕子さんも月に数回フロントに加わる。シンガーや芸術家がフロントを務めるというのは、いかにも中央線沿線の銭湯らしい。

4_7727_th
5_7663_th

 脱衣場の高い天井には、太い木材を使った一風変わった意匠が凝らされており、男女の境目には鳳凰の絵が描かれているのも洒落ている。

6_7593_th
7_7644_th

 浴室に入ると、銭湯定番の富士山のペンキ絵が正面で出迎えてくれる(女湯は海の風景)。高窓から差し込む陽の光で浴室が明るい。天井部分の水色のペンキがいかにも昭和に建てられた銭湯らしい。

8_7482_th
9_7541_th

 湯船は大小2つ。大きいほうは少しぬるめで、2基のジェットは腰掛けるタイプ。ジェットが強で、足裏が少々くすぐったい。底面から泡が出るバイブラの部分は浅めになっている。じっくりとつかって温まる、ぬるめのお湯がうれしい。

 小さいほうの湯船は熱めの深風呂で、毎日薬湯を実施している。薬湯は季節によって異なるが、常に3種類ほどが2-3日ごとに入れ替わる。この日は青みがかった紫色が印象的なヒアルロン酸風呂。熱めとはいえ、極端に温度が高いわけではない。肩までじっくりつかると、深風呂ならではの満足感が得られる。浴室の片隅には7-8人入れるサウナがあるが、サウナを設置した当時、なぜか水風呂が保健所に許可されなかったのだとういう。サウナ利用の際は立ちシャワーで汗を流そう(女湯のサウナは休止中)。

10_7498_th
11_7489_th

 お客さんは数十年来の常連さんをはじめ、区境に近いことから隣の中野区からやってくる人も多い。自転車で訪れる人が多いが、店の裏側に駐車場も2台分あるので利用する際にはフロントへ声をかけよう。

 平和湯は目新しい設備があるわけではないが、まるで近所の知り合いの家にお邪魔したかのような、気さくな雰囲気がいい。年季の入ったソファーやゴザの敷かれた縁台。その向こうに大型テレビが置かれたロビーはまるで居間のようで、今にも一家団欒が始まりそうだ。エスニック調のカバーがかかったマッサージ器、フロントに置かれた神輿の模型、脱衣場に飾られた色あせた猫の写真など、不思議なアイテムがいろいろあるのも、なんだか普通の家っぽい。昭和テイストあふれるフレンドリーな雰囲気が、お風呂のリラックス効果をアップさせるかもしれない!?

(写真・文:編集部)


【DATA】
平和湯(杉並区|阿佐ヶ谷駅)
●銭湯お遍路番号:杉並区 19番
●住所:杉並区阿佐谷北4-17-11
●TEL:03-3337-3232
●営業時間:15時~24時
●定休日:月曜(祝日の場合は翌日休)
●交通:中央線「阿佐ヶ谷」駅下車、徒歩12分
●ホームページ:http://sentou.jp/map/1-24.html
銭湯マップはこちら

12_7519_th

7-8人入れるサウナ(料金200円)

13_7526_th

ポカリスエットの桶は珍しい

14_7611_th

女湯の脱衣場には昔ながらのお釜型ドライヤー

15_7676_th

昭和テイストあふれるロビー

16_7657_th

フロントに飾られている月山夕子さんの土偶

17_7646_th

2017年に店を継いだ西村芳弘さん

18_7768_th

阿佐ヶ谷駅からはケヤキ並木の中杉通りを北上して平和湯へ向かう