1_8933


 銭湯の営業時間前に脱衣場や浴室を利用して、ピラティスの教室を開催している鳥海真央さん。元々、別の場所で行っていた教室に、銭湯の経営者ご夫妻が通っていたという縁から始まった銭湯ピラティス教室は、高齢者、お母さん、そして赤ちゃんも一緒に、和気あいあいとした雰囲気で毎週行われています。銭湯で行うピラティス、その独特の魅力について語っていただきました。

■ピラティスの始まりは、負傷した兵士のリハビリから

 ピラティスは、第一次世界大戦の頃にケガをした兵士のリハビリとして考案された運動がルーツです。ケガをした兵士がベッドの上でもできる運動として考えられたので、体力のない高齢の方や体に痛みを抱える方など、誰でもできる運動なんです。

 基本的には寝転がってマットの上でやります。体の深層部にある骨を支えている筋肉(インナーマッスル)を鍛えることで姿勢を整え、体の痛みや体質の改善、ダイエットなどに役立つ運動なんです。

2_8797

■小杉湯でピラティスを始めたきっかけ

 もともと高円寺の別のスタジオで、ピラティスのレッスンをしていたんです。そこに小杉湯のご主人と奥様が通ってくださっていたんですが、そのスタジオが閉鎖になってしまったんです。

 ところが、高齢の生徒さんたちが「他に行きたくない、高円寺でやってくれないと困る」と要望してくださったんですね。そのときに、小杉湯のご夫妻が声をかけてくださって、銭湯の中を借りてレッスンができることになりました。

 レッスンは毎週水曜日、銭湯の開店前に開催しています。生徒は多いときでも8人。高齢の方をはじめ、赤ちゃんを連れたお母さんたちも参加しています。

 ピラティスは、産前の体力増強、安産、産後は骨盤の開きを直す効果もあるので、お母さんたちにも人気があります。赤ちゃんや小さいお子さんも一緒なので、レッスンは和やかな雰囲気ですね。おばあちゃん、お母さん、お孫さんと3世代で参加する方たちもいます。幅広い年齢層の参加者が揃うのって、銭湯らしいですよね(笑)。

 ピラティスは若い人がやるようなイメージがありますが、そんなことはありません。運動自体は激しい動きを伴うわけではないので、年齢や体力に関係なくできます。「ゆるくて動きの小さい筋肉トレーニング」といった感じですかね。

 ピラティスでは、体の動きに合わせて行う呼吸も重要視します。人間は1日2万回呼吸をしているんですが、この呼吸の質を高めることで体を動かしやすくする。参加している高齢の生徒さんの中には、「ここに来て呼吸するだけでいい気持ちになる」とおっしゃる方もいます(笑)。

3_8974

■仰向けでやる運動が多いから、天井の高い銭湯は最高!

 暖かい季節のレッスンは、脱衣場でやっています。

 ピラティスは仰向けでやる運動が多いので、上に見える景色がどうなっているのか結構気になるんです。オフィスだと穴だらけの天井になっていることもあって、ずーっと見ていると気持ち悪くなることもあります。

 その点、銭湯は天井が高くて明るいし、木の温もりが感じられるのもいい。それにお湯や水の音がどこからともなく聞こえてくるので、気持ちも落ち着きます。

 冬は寒いので、お湯の配管が通っていて床が温かい浴室でやることも。浴室は脱衣場より天井が高くて開放感がすごいですね。

 銭湯でレッスンを始めたときは、専用スタジオのように設備が整っているわけではないので、生徒さんたちはどう感じるかなと思って心配していたんです。

 でも、高齢の方たちにとっては、銭湯という場所になじんでいるので、スタジオでやるよりもリラックスしてできるみたいです(笑)。

 レッスンで大事にしているのは会話ですね。世間話や雑談をすることが、リラックスするために大切なんです。だから、レッスン時間は75分と長めになっています。

4_8978

■ダンサーからピラティスのトレーナーへ転向

 私は元々ダンサーで、上地雄輔(遊助)さんやJUJUさんなどのバックダンサーとして活動したり、クラブでショーをしたり、ダンスを教えていました。

 ただダンスだけでお金を稼ぐのは、実力と同じくらい容姿や、人間関係が重視される部分があるんです。それで、そんな世界には向いていないなあ、と思っていたときに、友人からピラティスに誘われたんです。

 腰痛対策もあって試しに始めてみたら、きつくない運動なのに体がすっきりして、絞られたような気がする。これは運動が苦手な自分に向いていると思って続けているうちに、仕事にしたいと思うようになり、国際的なピラティスの資格であるSTOTT PILATESの指導資格を取得しました。だんだんと、ピラティスの仕事が忙しくなり、ダンサーからピラティスのトレーナーに転向したんです。

 19歳の時からダンスを教えていたので、何かを人に教えるのは慣れていたし、好きだったのもトレーナーに転向した理由の一つです。人間の体を動かすのは、最終的には精神的なものが大きいんですね。レッスンでちょっときついなというとき、励ます声の掛け方次第で体の動きが違ってきます。「大丈夫?」「できそう?」って心配そうに声を掛けても生徒さんはなかなか頑張れない。「○○さんならできるよ!」「いけるいける! あと3回だけ!」って励まされたら、できそうな気になるんです(笑)。そうやって人に教えることで、相手を笑顔にできたり、元気付けられるのもトレーナーという職業の魅力のひとつですね。

 レッスンは今年で3年目を迎えた小杉湯をはじめ、都内のスポーツクラブやスタジオ、メインには個人宅への出張レッスンを行っています。以前はグーグルの日本本社でランチタイムにレッスンをしていたこともあります。

5_8818

■行きつけだった銭湯が廃業して大ショック!

 出身は千葉の新検見川で、子どもの頃は駅前にあった銭湯によく行っていましたけど、大人になってからのほうがお風呂屋さんには行っていますね。(京王線の)笹塚、幡ヶ谷、代田橋あたりの銭湯によく行きます。

 なかでも、よく行っていたのが幡ヶ谷の「武の湯」。お客さんも結構入っていたと思うんですが、今年の4月に廃業してしまったんです。いつもおばあちゃん一人だったんですけど、後継者がいなかったのかな……。湯上がりに、脱衣場にあるテレビを見るのを楽しみにしていたんですけどね。

 

 お風呂はぬるいのが好きなので、炭酸泉があれば長くつかっています。水風呂も好きですね。特に小杉湯は水にこだわっていて、包まれる感じが違う。息が冷たくなるくらいまで、ずっと入っていることもあります(笑)。

6_8883

■週末はサーフィンをして、富士山の見えるお風呂屋さんへ

 平日は東京にいるんですが、週末は茅ヶ崎で過ごしています。この一年ぐらいはサーフィンに、ハマっているんですよ。

 子どもの頃は意識しなかったんですけど、基本的に水が好きなんだと思います。名前も鳥海なので、海に縁があるのかな(笑)。茅ヶ崎は、江ノ島や鎌倉と違い海水浴客が少なくて、とてもローカルな場所なんです。食事するのに行列することもないし、値段も安い(笑)。

 海に浮かべたサーフボードの上でピラティスをやったりすることもありますよ。波の上で安定していないんですけど、それがおもしろい。

 サーフィンの後は富士山が見えるお風呂屋さんに行って、炭酸泉や岩盤浴を楽しんでいます。平日も週末も、お風呂屋さんに縁がありますね(笑)。

7_8941

■高齢者の転倒予防、産後の引き締めにも役立つ

 高齢の方は、転倒して骨折したのをきっかけに寝たきりになったり、歩きにくくなったりすることが多いんです。だから、転倒しないように筋力をつけておくことが大事。

 ピラティスだと、仰向けになるのが大変なら座ったままでもできます。リハビリにも役立ちますが、転倒予防にピラティスを活用してもらえるとうれしいですね。

 小杉湯の水曜日のクラスは、現在ほぼ定員一杯なんですが毎回参加できる方のみ受付中です。

 また、赤ちゃんとお母さんが対象の「ベビママ ピラティス」を新宿御苑で開催していたんですが、この10月からは月1回ペースで小杉湯で開催することになりました。こちらは1回限りの参加でもOKです。産後、体を引き締めたいお母さんはぜひ体験してみてください。どちらもレッスンの詳細はブログを見てくださいね。

 そうそう、このインタビューを読んでピラティスのレッスンに興味を持ったお風呂屋さんがいらっしゃったら、ぜひご連絡ください。きっとお客さんに喜んでもらえると思いますよ(笑)。

(写真:望月ロウ 文:タナカユウジ)

8_8997


【プロフィール】

鳥海真央さん STOTT PILATES認定国際パーソナルピラティストレーナー。ミュージシャンのステージでダンサーとして活躍したのち、ピラティストレーナーとして活動を始める。個人宅でのレッスンをはじめ、テレビCMでの指導監修、グーグルジャパンをはじめとした社内レッスンなども行う。高円寺の小杉湯では、毎週水曜日にレッスンを実施している。レッスンに関する問い合わせは、ホームページの問い合わせフォームか、eメール info@maopilates.comで受付中。

ブログ:http://ameblo.jp/maopilates/

ホームページ:http://www.maopilates.com/


【取材地DATA】

今回のインタビューは鳥海さんが毎週ピラティスのレッスンを行っている小杉湯で行われた。ミルク風呂、日替わり風呂など、温度の違う4つの浴槽が人気の銭湯だ。

小杉湯(杉並区)

●銭湯お遍路番号:杉並区22番

●住所:杉並区高円寺北3-32-2

●TEL:03-3337-6198

●営業時間:15時半~25時45分

●定休日:木曜

●交通:中央線「高円寺」駅下車、徒歩5分

●ホームページ:http://www13.plala.or.jp/Kosugiyu/

銭湯マップはこちら

9_8904

ピラティスで美しい姿勢も身につく