ラベンダー湯はヨーロッパで広く行われているハーブ浴のひとつです。ラベンダーは紫色の花をつける香りの良いハーブで、心身のリラックス、免疫力の向上などすぐれた薬効効果が知られています。
東京都浴場組合では、毎年5月5日にちなんだしょうぶ湯、12月は冬至にちなんだゆず湯と日本伝統のハーブ浴を行ってきましたが、国際化時代にあたり、海外の入浴文化も取り入れることにしました。
このラベンダー湯は、平成7年の銭湯の日(10月10日)に初めて実施しました。
当組合で使用するラベンダーは、北海道の富良野で有機栽培(人工の香料や着色料の添加なし)されたラベンダーの花茎(乾燥させたもの)を用います。


10月10日(旧体育の日)はわが国で初めてオリンピックが開催された日であります。これを契機として国民のスポーツをする意欲が高まり、健康のためにスポーツする人口は年々増加しています。スポーツで汗をかいた後に入浴することや、銭湯での入浴は健康に良いことが入浴実験でも証明され、スポーツと入浴は密接に関係しているといえるでしょう。
このような理由により、10月10日(1010=セントウ)を銭湯の日として、日本記念日協会に申請し、平成8年に同協会から正式に認定されました。
※体育の日は平成10年の法律改正により、平成12年より10月の第2月曜日に変更されました。

銭湯の日を記念して都内の銭湯でラベンダー湯を実施いたします。
実施日は銭湯毎に異なります。また、構造上実施できない銭湯もあります。
詳しくは各銭湯に掲載されているポスターをご覧ください。