2-タイル鯉


10月10日(火)は「銭湯の日」。東京都内の銭湯では「ラベンダー湯まつり」(※)を開催します。詳しくはこちらをご参照ください。
※今年の「銭湯の日」は平日にあたるため、日程を変更して実施する地域があります。また、定休日と重なる場合は他の日に変更したり、諸事情により実施しない銭湯もあるのでご注意ください。

千代田区

65歳以上の区民の方は、「敬老入浴券」を呈示すると、区内および区が指定する区外の公衆浴場を、年間最大44回無料で利用できます。(要申請)

中央区

65歳以上の区民の方は、郵送された引換券を区内の公衆浴場等で「敬老入浴証」に交換すると、区内の全公衆浴場および他区の協力浴場を1回100円で利用できます。

毎月第2・4金曜日は「ふれあい銭湯」を実施。区内在住・在勤の方は入浴料が100円、敬老入浴証をお持ちの方と小学生以下のお子さんは無料で入浴できます。

中央区浴場組合公式ホームページ http://www.268chuou.com/

台東区

65歳以上でひとり暮らし、または世帯全体が65歳以上の区民の方は、「高齢者ふれあい入浴券」を区内の公衆浴場で呈示すると、区内の浴場を1回50円で年間20回利用できます。(要申請)

台東区浴場組合公式ホームページ http://taito1010.com/

文京区

区内6軒の銭湯で9月30日(土)~12月3日(日)まで、文京の湯「銭湯ミュージアム 6人の作家展」を開催します。都内の銭湯や文京区にゆかりのアーティスト6名がそれぞれ1軒の銭湯をギャラリーとして、作品の展示や制作の実演、体験型のワークショップやトークイベントなどを行います。詳細は文京浴場組合ホームページまで。

10月29日(日)は、初摘み生ライムが湯船に浮かぶ「ライム湯」を実施します。

11月19日(日)は、初摘み生みかんが湯船に浮かぶ「みかん湯」を実施します。

毎月26日は「お風呂の日」。区内の浴場では様々なお得やお楽しみをご用意しています。当日が定休日と重なる浴場では、別途振替日をお知らせします。

65歳以上の区民の方が「シニア入浴シール」(要申請)を区内の公衆浴場に持参すると、1回100円で年間52回(月4回程度)利用できます。

毎月第2・4日曜日(16時~23時)は「湯遊入浴デー」。区民の方は大人100円、小学生以下は無料で入浴できます。当日は住所が確認できるものをご持参ください。

文京浴場組合公式ホームページ http://www.sentou-bunkyo.com/

港区

70歳以上の区民の方は、区内の公衆浴場(一部近隣区)を年間52回利用できる無料入浴券の給付が受けられます。(要申請)

荒川区

2017年7月より区内の銭湯の入浴料金を一部改定しました。中学生は300円、小人(未就学児)は大人1名につき2名まで無料で入浴できます。

6~11月の第3土曜は「親子ふれあい入浴」の日。区内の小学校・幼稚園・保育園・ひろば館・ふれあい館・子育て交流サロン・区役所・浴場などを通じて各家庭に配布される入浴券(チラシ)に氏名を記入し、当日番台(フロント)に呈示すると、小学生以下のお子さん連れの親子は無料で入浴できます。ただし、同じ日に何度も入浴したり、子どものみ・大人のみで利用することはできません。

区内在住・在宅の満70歳以上の方に交付される高齢者入浴カード「ふろわり200」を持参すると、区内の浴場を1回200円で、年度内に最大52回利用できます。(要申請)

荒川浴場組合公式ホームページ http://arakawa-sento.jp/

墨田区

銭湯の日(10月10日)を記念した「ラベンダー湯まつり」を、墨田区では10月9日(月祝)に実施します。

7月20日(木)~11月30日(木)まで、「すみだ銭湯めぐり ぶらり旅スタンプラリー」を開催します。対象は中学生以上で、専用の「銭湯スタンプノート」に区内の銭湯で1回入浴ごとに「浴場印」を1個押してもらい、浴場印を1~5個、6~10個、11~15個達成ごとに、無料入浴券を1枚進呈します。区内19軒の全浴場印を集めた先着200名の方には、無料入浴券1枚と「葛飾北斎 凱風快晴オリジナルタオル」を進呈します。

毎週木・金曜日は「高齢者にこにこ入浴デー」。65歳以上の区民の方は、「にこにこ入浴証」を区内の浴場で呈示すると、木・金曜のどちらか1回、無料で入浴できます。(要申請)

毎月25日の「すみだ家庭の日」は、「にこにこ入浴証」を持参の方と、同伴のご家族の方は半額で入浴できます(大人230円、小学生90円、未就学児40円)。

区内の全浴場に、リンスインシャンプーとボディーソープを常備しています。

江東区

10月10日(火)の銭湯の日は、江東区内の銭湯は無料で入浴できます。

銭湯の日を記念した「ラベンダー湯まつり」を、江東区は10月15日(日)に実施します。当日来店の方には記念タオルを進呈します。配布の仕方は銭湯ごとに異なるので、詳細は各店にお問い合わせください。

11月19日(日)は、生の果実が湯船に浮かぶ「りんご湯」を実施します。

70歳以上の区民を対象に「ふれあい入浴」を実施しています。区から送付された入浴証引換券(はがき)を、区内の公衆浴場で「江東区ふれあい入浴証」と交換し、利用時に呈示すると1回200円で入浴できます。

区内の一部の浴場に、ボディーソープ&シャンプーを備え付けています。

足立区

11月26日(日)は、区内全ての銭湯で「りんご湯」を実施します。当日は65歳以上の方は230円、小学生は100円、未就学児は50円で入浴いただけます。当日ご来店の方には先着順でプレゼントをご用意しています。

中学・高校生は通年学割により、区内の銭湯を1回300円で利用できます。

毎月第1・3土曜は「家族ふれあいの日」。小中学生を同伴の親子を対象に入浴料の割引を実施しています。大人360円、小学生100円、乳幼児は無料です。

毎月3回、指定の週の月曜~金曜に区内の公衆浴場で各1回、「ゆ~ゆ~湯」を実施しています。70歳以上の区民の方に送付される「ゆ~ゆ~湯」入浴証に利用可能日のシールが貼ってあるので、当日浴場で呈示すると110円で入浴できます。

区内の子育て世帯に配布される「あだち子育てパスポート」を呈示すると、同一世帯の家族の入浴料が通常料金から大人(中高生を除く)20円引き、小学生以下は10円引きになります。ただし、他の割引との併用や、保護者だけの利用はできません。

足立区浴場組合公式ホームページ http://adachi1010.tokyo/

葛飾区

銭湯の日(10月10日)を記念した「ラベンダー湯まつり」を、葛飾区の「銭湯家族の日」(毎週日曜)に合わせて10月8日(日)に実施します。当日は、大人と一緒にご来店の小学生以下のお子さんは入浴料が無料になります。

銭湯のある地域の小学校に「小学生親子無料体験入浴」のチラシを配布します。11月1日(水)~30日(木)の開催期間中にこのチラシを区内の銭湯に持参すると、小学生の親子は5名まで、無料で2回入浴することができます。
(※親から子へ銭湯の楽しみ方とマナーを伝えてもらうための体験入浴なので、大人だけ、または子どもだけではご利用いただけません)

葛飾区浴場組合のポイントカードは、大人料金で入浴1回につき1ポイント。30ポイント集めると1回無料で入浴できます。毎月第1日曜日はポイントサービスデーで、1回の入浴につき2ポイントを進呈します。

毎週日曜日に、区内のほぼ全ての銭湯でハーブ湯を実施しています。10月のハーブは「ローズマリー」です。なお、定休日等のため実施日が異なる場合もあるので、詳しくは各銭湯へご確認ください。

65歳以上の高齢者のための体操やレクリエーション、振り込め詐欺防止等の啓蒙講座の後に無料で入浴できる「ふれあい銭湯事業」を、毎月1回、区内9軒の銭湯で実施しています。開催日等の詳細は、ご利用の浴場にご確認ください。

70歳以上の区民の方は、「くつろぎ入浴証」を区内の浴場で呈示すると、有効期限内(2020年3月まで)はいつでも1回230円で入浴できます。(要申請)

葛飾区との災害時給水協定により、区内の全銭湯に備蓄用カロリーメイト300個を常備しています。

葛飾区浴場組合公式ホームページ https://katsushika1010.com/

江戸川区

銭湯の日(10月10日)を記念した「ラベンダー湯まつり」を、江戸川区は10月8日(日)に実施します。当日来店の方には、先着順に飲み物と記念タオルを進呈します。

11月26日(日)は、区内の銭湯で「りんご風呂」を実施します。当日ご来店の方には、先着順にりんごをプレゼントします。

7月1日(土)~12月31日(日)まで、「ぶらり 湯らり スタンプらり~ 2017」を開催中。対象は小学生以上で、区内の浴場で入浴ごとにスタンプを集め、所定の軒数をクリアした方に同組合の公式キャラクター「お湯の富士」のオリジナル新作グッズを進呈します。詳細はこちら

区内の浴場を利用の際、大人1人につき就学前の乳幼児は2人まで無料で入浴できます。

中学生は区内の浴場を1回300円で利用できます。

区内在住65歳以上の方に送られる「入浴証引換券」を区内の浴場で「健康長寿入浴証」に交換し、来店時に呈示すると、いつでも1回230円で入浴できます。

江戸川区浴場組合公式ホームページ http://www.oyunofuji1010.com/

新宿区

区内在住の60歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方、児童育成手当を受給している方に交付される「ふれあい入浴証」を区内の浴場で呈示すると、月4回無料で入浴できます。(要申請)

新宿区浴場組合公式ホームページ http://1010yuge-g.jp/

渋谷区

毎月第2・3・4日曜は「親子ふれあい入浴デー」。区内在住の中学生以下のお子さんと保護者の方は、区内の公衆浴場で当日16~18時(第3日曜は17~19時)に無料で入浴できます。当日は住所が確認できるもの(中学生は学生証)をご持参ください。

毎月第1・3日曜(1月は第3日曜のみ)は「高齢者入浴デー」。区内在住の60歳以上の方は、「高齢者入浴デー利用者証」を区内の公衆浴場に呈示すると、当日13~16時は無料で入浴できます。(要申請)

区内の公衆浴場で、介護予防に役立つ健康相談や健康体操、趣味の講座等と入浴がセットになった「遊湯(ゆうゆう)ひろば」を実施しています。高齢者入浴デー利用者証や介護保険被保険者証をお持ちの方は無料、その他の方も1回200円で利用できます。

中野区

10月21日(土)~11月26日(日)まで、「中野のお風呂屋さんめぐり 秋のスタンプラリー2017」を開催します。対象は小学生以上で、専用のスタンプ台紙に区内の銭湯20軒のうち6軒のスタンプ(重複不可)を集めると、区内の6軒(重複不可)で使える入浴券をプレゼント。さらにこの入浴券を利用して6軒のスタンプを集めた方には、台紙と引き換えにもれなくオリジナル湯上がりタオルを進呈します。

区内在住の65歳以上の方を対象に、毎月第2週と第4週に「いきいき入浴」の定期開放入浴デーが浴場ごとに設けられています。予め利用登録をした浴場(1ヵ所)で発行の「登録証」を呈示すると、1回100円で入浴できます。また、「いきいき入浴」の前に、軽体操や高齢者エアロビック、水彩画教室等の「はつらつ事業」を実施する浴場もあります。詳細は各浴場にお問い合わせください。

杉並区

9月16日(土)~12月17日(日)まで、「すぎなみ銭湯めぐりスタンプラリー」を開催中。区内の銭湯で専用のスタンプシートを入手し、1回入浴ごとにスタンプを集めます。スタンプ20個(重複可)でオリジナルエコバッグを進呈。景品は各銭湯140個限定で、なくなり次第終了となります。また、開催期間中の週末は、毎週異なる銭湯で群馬県の吾妻峡温泉から直送の温泉の湯を楽しめる、「銭湯で温泉まつり」も実施します。詳しくは杉並区の銭湯応援キャラクター「ふろっとくん」のブログおよび各店備え付けのチラシをご参照ください。

65歳以上の区内在住の方を対象に、毎週水曜(一部火曜)に区内の浴場を100円で利用できる「ふれあい入浴」を実施中。初回利用時に保険証など本人確認ができるものを浴場に持参して「ふれあい入浴カード」を発行してもらい、その後は利用の都度呈示してください。実施日が12月31日~1月3日に該当する場合は変更になることがあるので、詳しくは各浴場にご確認ください。

杉並浴場組合公式ホームページ http://sentou.jp/

品川区

区内在住の65歳以上の方を対象に、毎週木曜日に区内の公衆浴場で「しながわ出会いの湯」を開催しています。「出会いの湯」ののぼりが出ている浴場に「出会いの湯登録カード」(当日発行も可)を呈示すると、カラオケや体操などのプログラムに参加した後、無料で入浴できます。

品川区浴場組合公式ホームページ http://www.shinagawa1010.jp/

大田区

9月16日(土)~11月30日(木)に、京急電鉄と大田区・川崎市沿線の銭湯と餃子店がコラボした「温泉・銭湯めぐり~餃子編~ スタンプラリー」を開催します。大田区では27店舗が対象となり、スタンプ2個で、先着3000名にオリジナル手ぬぐいとサントリー酎ハイのセットをプレゼント。スタンプ4個で、抽選で50名にオリジナルグッズが当たるプレゼント企画に応募できます。スタンプは同一店舗可。詳しくは京急のイベントホームページをご覧ください。

10月7日(土)~2018年3月31日(土)に、川崎市大田区連携事業のインスタグラム銭湯キャンペーンを実施します。銭湯・お風呂に関わる内容に、『♯銭湯でテディをゲット』と#(ハッシュタグ)をつけて投稿し、「いいね!」の獲得数の上位50名の方に、銭湯オリジナルテディベアをプレゼントします。

川崎市大田区連携事業のスタンプラリーを①10月7日(土)~10月30日(月)と、②11月20日(月)~12月25日(月)に開催します。大田区・川崎市の銭湯に入浴して、スタンプを3個集めると、抽選でオリジナルストラップテディベアが当たります(※同一店舗可)。詳細は大田区・川崎市の各銭湯にご確認ください。

10月10日(火)に、「大田銭湯祭&ラベンダー湯」を実施します。各店で実施する三角くじは、1軒につき183名様まで空くじなし。賞品として、入浴券や大田区の友好都市・秋田県美郷町産のお米、熊本地震復興支援賞としてくまモンのお菓子などが当たります。当日は「ラベンダー湯」も実施しますが、定休日等による開催日の変更や、諸事情により実施できない銭湯もあるので、事前にご確認ください。

10月14日(土)・15日(日)に大田区産業プラザPiOで開催される「おおた商い観光展」に大田浴場連合会が出展します。
14日(土)11時からは、銭湯背景画絵師・丸山清人氏による屋外ペンキ絵ライブ(観覧無料)を実施します。
同会場2階のブースでは、区内の銭湯の最新情報を公開・発信するとともに、体験入浴券等の配布も予定しています。

11月4日(土)・5日(日)に開催される28回目となる区内最大のイベント「OTAふれあいフェスタ」に、大田浴場連合会が出展します。ボートレース平和島「水のエリア」のブースでは、東松島市復興支援ゲームを実施。このゲームの勝者は、体験入浴招待券や銭湯グッズが当たる、輪投げやダイスゲームに参加できます

毎月第1日曜日は「子ども入浴デー」。区内在住の小学生以下のお子さんは無料で入浴できます。当日はフロント、または番台へ申し出てください。

70歳以上の区民の方は、「いきいき入浴証」(平成27年度より申込制)についているシール1枚につき1回200円で入浴できます(年間36回まで)。

大田浴場組合公式ホームページ http://www.ota1010.com/

世田谷区

銭湯の日の10月10日(火)は、都内の銭湯の「ラベンダー湯まつり」と同時に、「世田谷風呂祭り」を開催します。当日は中学生以上の方を対照に、先着順にスピードくじを実施。賞品は1等が世田谷区内共通商品券(各店5,000円×2本)、2等は共通入浴券(各店5枚分×10本)、3等は1010記念タオル(各店140本以上)。さらに「当店賞」として、各店で独自の賞品もご用意します。

世田谷区在住の満65歳以上の方に、公衆浴場を無料で利用できる入浴券を年間12枚まで支給しています。一人ぐらしや高齢者のみの世帯には支給枚数が追加される場合もあるので、詳細は世田谷区のホームページをご参照ください。

世田谷区浴場組合公式ホームページ http://www.setagaya1010.tokyo/

目黒区

毎月第2日曜は「親子ふれあい入浴デー」。区内在住の小学生以下のお子さんと保護者の方は、親子2人1組で区内の公衆浴場に無料で入浴できます(証明不要)。

60歳以上の区民の方は、区内の公衆浴場で「めぐろリフレッシュ湯」の会員登録をすると、月4回まで1回220円で入浴できます。

目黒区浴場組合公式ホームページ http://1010meguro.tokyo/

豊島区

銭湯の日(10月10日)を記念した「ラベンダー湯まつり」を、豊島区は10月8日(日)に実施します。当日は小学生以下のお子さんは無料で入浴できます。また、各店で先着50名様に飲料水を進呈します。

65歳以上の区民の方は、「としま・おたっしゃカード」を呈示すると、区内の浴場に年間26回まで100 円で入浴できます。

区内の浴場で1時間程度の健康体操を行った後に100円で入浴できる「浴場ミニデイサービス(湯友サロン)」も実施しています。

豊島区浴場組合公式ホームページ http://www.toshima1010.org/

北区

10月1日(日)から12月31日(日)まで、「北区湯めぐりスタンプラリー2017」を開催します。対象は小学生以上で、区内の銭湯で配布している専用の台紙にスタンプを集め、6軒達成(重複不可)でオリジナルタオル、12軒達成(重複不可)でオリジナルピンバッジをそれぞれ先着1200名に進呈します。
また、北区浴場組合のオリジナルキャラクターの名前も募集中。応募はスタンプラリー台紙についている応募用紙からのみ受け付けます。採用された方には都内共通入浴券5枚を進呈します。新キャラクターの名前は2018年1月中旬に北区浴場組合のFacebookページで発表の予定です。

銭湯の日(10月10日)を記念した「ラベンダー湯まつり」を、北区は10月8日(日)に実施します。当日は、ご来店の方に記念品を進呈します(数量限定)。各店で配布数や配布方法は異なります。また、諸事情により日程などが変更になる場合や、実施しない銭湯もあるので、事前に各店にお問合せください。

11月19日(日)は、「りんご湯」を実施します。当日は大人1人につき小学生以下のお子さんは2人まで、無料体験入浴ができます。また、諸事情により日程などが変更になる場合や、実施しない銭湯もあるので、事前に各店にお問合せください。

区内在住の70歳以上の方に、区内の公衆浴場を1回100円、荒川区内の指定浴場(2軒)を1回150円で利用できる「高齢者ヘルシー入浴補助券」を年間24枚交付しています。(要申請)

板橋区

11月19日(日)は、長野産のりんごを使った「りんご湯」を実施します。

区内在住の70歳以上の方に、区内の公衆浴場を1回100円で年間24回利用できる「敬老入浴券」を交付しています。(要申請)

板橋区浴場組合公式ホームページ http://1010itabashi.or.jp/

練馬区

11月26日(日)は、入浴感謝デーとして「りんご湯」を実施します。当日は大人と一緒にご来店の小学生以下のお子さんは、入浴料が無料になります。

区内にひとりでお住まいの65歳以上の方に交付される、「ひとりぐらし高齢者入浴証(シール)」を区内の浴場に持参すると、1回100円で年間最大52回入浴できます。(要申請)

練馬区浴場組合公式ホームページ http://www.1010nerima.com/

武蔵野市・三鷹市

武蔵野・三鷹市内の公衆浴場を親子で利用の場合、6歳以下のお子さんは2人まで無料で入浴できます。

毎週日曜日は「風呂の日」として、武蔵野・三鷹市内の公衆浴場で小学生以下のお子さんの入浴料金が無料になります。

武蔵野市内在住の60歳以上の方は、市内の公衆浴場で行われる「不老体操」に参加した後に、無料で入浴できます。

武蔵野三鷹浴場組合公式ホームページ http://sentou.life.coocan.jp/yu/

八王子市・稲城市・町田市

毎月第1日曜日に、イベント風呂を実施しています。しょうぶ湯、ラベンダー湯、ゆず湯などの季節の湯のほかに、レモン湯や無香料・無着色の天然ハーブ湯などもあります。

11月5日(日)は、「レモン湯」を実施します。

八南支部公式ホームページ http://www.hachinan.com/